アイダホ州

ウィアー・クリーク・ホットスプリングス - アイダホ州の温泉

2023-09-30

野湯としては珍しく深いプール。

岩盤斜面に湧く温泉を利用した秀逸な構造です。

岩盤上のメイン・プール

アイダホ州北部、ネズ・パース=クリアウォーター国有林のロクサ川上流。

Parking Lot 01

この地域でアクセスしやすい野湯の一つとして、ジェリー・ジョンソン・ホットスプリングスはよく知られています。

参照ジェリー・ジョンソン・ホットスプリングス - アイダホ州の温泉

大きく分けて三つの泉源で構成されている野湯。 アイダホ州北部でもっとも人気の高い温泉の一つです。 第一の湯 ジェリー・ジョンソン・ホットスプリングスにもっとも近 ...

Trailhead 01

ジェリー・ジョンソンの駐車場から国道12号線を西へ13分走ったところに、別の駐車場がありました。

これがウィアー・クリーク・ホットスプリングスへの登山口。

Campground 01

駐車場には汲み取り式のトイレが一つありました。

トレイルは渓流に沿って往復1.1kmの簡単なものでした。

Slope 03

道中、右手に原始的なキャンプ場がありました。

ジェリー・ジョンソンがそうであったように、ウィアー・クリークも心無い利用者による環境破壊から保護するため、2022年から日帰り利用のみに制限されています。

Water Discharge 01

キャンプ利用は不可能になりましたので、ご注意ください。

メインプールは、渓流に向かって岩盤が露出した斜面の中腹にありました。

Lower Pool 01

周囲に植生がなく見晴らしの良い立地に、10人は入れそうな巨大なプール。

Water Discharge 02

天然の岩盤をモルタルでせき止めたプールは、ボランティアが作ったとは思えないほど立派な造りでした。

Soaking 02

プールの縁には、座ったり寝そべったりするのにちょうどいい木の板が渡してありました。

Soaking 01

プールの底はV字状に深くなっていて、最深部は約2mありました。

あるぱか
あるぱか
立ち湯だね
こんな野湯は滅多にないよ
かぴばら
かぴばら
Water Temp 01

泉温44℃、無色透明・無味無臭の源泉が、岩盤の上の方から流入していました。

Lower Pool 03

あふれ出た湯は渓流沿いの第二のプールにたまっていましたが、かなり小さな湯だまりで、私はそこでは入浴しませんでした。

Lower Pool 01

しばらくメインプールを堪能した私は、斜面を登って泉源を観察することにしました。

Lower Pool 02

最上部のプール

温泉の流路は藻で滑りやすいので気を付けて。

Slope 02

露出している岩盤の最上部です。

左手が、メインプールに落下している湯の泉源。

Slope 01

右手にもう一つ泉源があることに気づきました。

Upper Pool 01

これが第三のプールで、ぎりぎり二人入れるサイズにせき止められていました。

Water Temp 02

足元から緩やかに湧出する源泉の温度は41℃。

湯はやや濁りを帯びていました。

Upper Pool 03

松の香りと静寂に支配された楽園が、そこにありました。

Upper Pool 02

まとめ

Weir Creek Hot Springs, Nez Perce-Clearwater National Forests, Idaho, U.S.

私の好み

種類:野湯

ルール:混浴

塩素消毒:なし

泉温:~44℃

-アイダホ州
-, ,