アイダホ州

ディアー・クリーク(ブロンコ・ビリー)ホットスプリングス - アイダホ州の温泉

2022-02-26

幹線道路の真横にあるのに、この温泉の存在に気づくのは難しいでしょう。

急斜面の中腹に湧いている「天空の野湯」です。

おひとり様専用

アイダホ州の州都ボイシから北へ延びる州道55号線。

これを右折してバンクス・ロウマン・ロードに入った目と鼻の先にあるのが、ディアー・クリーク温泉です。

Highway 02

ペイエット川とハイウェイ以外には何もないV字谷の底。

道路脇が少し広くなっている箇所が目印です。

Cliff 01

この駐車スペースは、かつて存在したスキニー・ディッパー温泉という人気の野湯に向かうために設けられたものです。

そちらの温泉は、利用者の度を越した悪行を理由に2016年、土地管理局により破壊・閉鎖され再開の目途は立っていません。

Highway 01

例の駐車場にもスキニー・ディッパーが閉鎖されている旨の掲示しかないので、ここまで来て諦める人も多そうですが、実はもう一つの温泉が存在しているのです。

起点は同じ、道路の反対側。

Trail 01

下草で覆われた斜面を登り始めて最初のヘアピンカーブで、敢えて右の獣道に逸れます。

あるぱか
あるぱか
こんなの分からないでしょ
五感を研ぎ澄ますのさ
かぴばら
かぴばら
Trail 02

そのまま急斜面を登り切ったら、2分もかからないうちに到着。

Soaking Pool 07

場所さえ知っていたら、こんなにアクセスしやすい野湯も珍しい。

Soaking Pool 01

コンクリートで作られた一人用の浴槽が現れました。

親しい二人ならギリギリ入れるかもしれません。

Water Outlet 01

非常に小さな浴槽ながら、内側にタイルが貼られたりして丁寧に作られている様子。

Soaking Pool 02

湯口は操作しやすい蛇口。

これを捻ると、63℃の無味無臭の源泉が飛び出してきました。

Soaking Pool 04

そのまま注ぐだけでは熱くなりすぎてしまいます。

一方、浴槽が小さいので湯もみしてやることで、比較的簡単に温度が下がるのは良い点です。

Soaking Pool 05

見晴らしのよい泉源

源泉は斜面の更に上の方から引湯されていました。

Pipe 01

パイプをたどって行くとすぐに泉源を発見。

Waterfall 02

小さな滝のようになったところから、熱湯が流れ落ちていました。

Waterfall 04

それを受け止めるバケツから引湯管が延びています。

Waterfall 01

何とシンプルで、実効性の高い機構なのでしょう。

Water Temp 01

滝の前には、いかにも入浴できそうな湯だまりが形成されていました。

ただし高温の源泉が常にこぼれ落ちてくるので、入浴不可。

浴槽が設けられている位置より更に開けているので、眺望は抜群。

Highway 03

「天空の野湯」から下界を眺めているような風景に気分が高揚しました。

Hot Pool 05

まとめ

Deer Creek (Bronco Billy) Hot Springs, Garden Valley, Idaho, U.S.

私の好み

種類:野湯

ルール:混浴

塩素消毒:なし

泉温:~63℃

-アイダホ州
-, ,