ネバダ州

パナカ・ウォーム・スプリングス - アメリカの温泉

2019-10-05

温泉を追い求め、はるばるたどり着いたのは田舎町のため池

思いのほか澄み渡ったぬる湯で、夏場に遊泳する分には絶好のロケーションでしょう。

旧カリエンテ駅へ

1993年に鉄道駅としての役割を終えた、ネバダ州カリエンテ駅。

シカゴとロサンゼルスを結ぶ、ユニオン・パシフィック鉄道の停車場でした。

Caliente Station

ネバダ州のユタ州との州境付近に位置する市、カリエンテはスペイン語で「熱い」を意味します。

その名から推測できるとおり、この一帯には温泉が湧きます。

末日聖徒イエス・キリスト教会(モルモン教)の開拓地であった当地は、ユニオン・パシフィック鉄道沿いの温泉街として栄えました。

ため池で泳ぐ?

カリエンテの旧駅舎から20分ほど北東に車を走らせると、パナカという名前の田舎町があります。

1864年、モルモン教徒が現在のネバダ州内に最初のコロニーを作った場所として知られています。

Marsh 1

今でも敬虔な信者が多い地区で、ネバダ州ではたった二つのカジノ禁止の自治体の一つであり、かつ唯一のドライ・カウンティです。

つまり、酒類の販売が認可されていません。

Marsh 3

この町の裏手に、どう見ても水池のような場所があります。

何とこれが、本日入浴する温泉なのです。

かぴばら
見て!超きれいだよ。
私は入らない。
あるぱか

Marsh 2

池の片方は低山に面していて、ヨシのような水草が茂っています。

その反対側は、コンクリート製の小ぶりなダムでせき止められています。

Dammed

本当に遊泳していいかどうか怪しまれる光景です。

水着着用に関するルールは明確には存在しないようです。

ただ、厳格なモルモン教徒とのトラブルを避けるため、水着はあった方が賢明でしょう。

Crystal Clear 1

近付いてのぞき込んでみると、思いのほか水が透き通っています。

Crystal Clear 2

泉温は年間を通じて29℃程度の、ぬる湯。

Water Temp

この池はパナカ町によって管理され、年に一度4月頃に『池の水ぜんぶ抜く』が行われます。

これによって藻の繁殖が抑制されます。

Swimming Area 01

ちなみに写真は2回の異なるタイミングで撮影しています。

Swimming Area 02

キラキラに輝いているのが4月の清掃直後、どんよりと濁っているのが2月の汚れきった状態です。

全く違う池のように見えます。

Dirty 01

もっとも深くなっているのはダムの周辺で、大人でも足が底に届きません。

Crystal Clear 3

源泉の湧出ポイントは山側の浅い地点に多い様子で、底からプクプクと気泡が上がっています。

Low Mountains

臭いは無いか、あえて言うなら池の水の臭いで、温泉らしさは皆無です。

その泉温だけが、れっきとした温泉であることを物語っています。

まとめ

Panaca Warm Springs, パナカ, ネバダ州, アメリカ

私の好み

  • 種類
    野湯
  • ルール
    水着着用推奨
  • 塩素消毒
    なし
  • 泉温
    ~29℃

 

-ネバダ州
-, ,