カリフォルニア州

リトル・ホット・クリーク(サイフォン)ホットスプリングス - カリフォルニア州の温泉

2023-01-15

今や入浴禁止となって眺めることしかできないホット・クリーク。

一方、「リトル」ホット・クリークの方は未だに入浴可能です。

ホット・クリーク・ジオロジック・サイト

野湯に興味がない人にとっても、ホット・クリーク・ジオロジック・サイトは訪れる価値のある場所です。

Hot Creek Geologic Site 02

76万年の火山噴火の結果生じた、驚異の熱水泉。

日の出から日の入りまで自由に見学できるこの公園は、現在では散策することしかできません。

Hot Creek Geologic Site 01

しかし、2006年までは川で遊泳可能だったのです。

ターコイズ色に煮えたぎる泉源ではなく、その湯が注がれる川の方は、普段は適温になっています。

Hot Creek Geologic Site 03

しかし、川の中でも瞬発的に温度が上昇することがあり、過去14名がここで死亡しています。

あるぱか
あるぱか
さらっと言うね。
逆に入浴禁止になって助かったよ。
かぴばら
かぴばら

規模の小さなホット・クリーク

さて、ホット・クリークのミニチュア版とでも言うべきリトル・ホット・クリークは、かなり分かりにくい場所にありました。

未舗装路のウィットモア・タブズ・ロードを北上してオーウェンズ・リバーロードに突き当たったところを左折。

Source 02

フォレスト・ロード 3S138を左折してしばらくすれば、左手に源泉地帯が見えました。

路面の状況は相当悪いので、ロードクリアランスの高い車が必要です。

Source 01

源泉地帯には小振りな熱水泉が点在していました。

地表面がもろいので、踏み抜かないように気を付けてください。

Stream 02

熱湯が小川に注ぎ、川全体が暖かくなっているのもホット・クリークにそっくり。

Stream 01

小川には細い板が渡され、対岸に渡れました。

Pool 01

ここにコンクリート製の立派な浴槽が一つ。

4人は余裕で入れそう。

Water Outlet 02

内部は滑らかな造形で、ベンチ状に張り出している部分がありました。

湯口は湯面の下にあり、バルブを捻って投入量を調節できました。

Water Outlet 01

全開にすると46℃のあつ湯が注がれました。

湯から特段の匂いは感じられませんでした。

Pool 02

ロング・バレー・カルデラの野湯群の中ではもっとも不便な場所にあって、人目に付かないので荒らされていることも多いようです。

他の野湯が先客でいっぱいなら、チャレンジしてみてはいかが。

Soaking 01

まとめ

Little Hot Creek (Siphon) Hot Springs, Mammoth Lakes, California, U.S.

私の好み

種類:野湯

ルール:混浴

塩素消毒:なし

泉温:~46℃

-カリフォルニア州
-, ,