アイダホ州

テン・マイル・ホットスプリングス - アイダホ州の温泉

アイダホの野湯はどれもキャッチーで快適すぎる!

という方におすすめの、ひときわ目立たず、ときに不快なやつです。

下流側の泉源は入浴不適

アイダホ州スタンレーからロウマンを経てバンクスへと向かう東西の直線は、アメリカの野湯の魅力をぎゅっと凝縮したような温泉街道。

感動的で心地よい野湯の数々が目白押しです。

Ten Mile Creek Road 01

その中で、テン・マイル・ホットスプリングスの地味さ・ワイルド感は、ある意味リアルな野湯を体験できるといえます。

有名なボンネビル・ホットスプリングスと、カーカム・ホットスプリングスの間。

参考ボンネビル・ホットスプリングス - アイダホ州の温泉

危険な魅力を漂わせるアイダホの温泉の真骨頂のような野湯です。 小さすぎる湯小屋もまた素晴らしい。 崖上の湯小屋 アイダホ州道21号線沿い、サカジャウィアへ向かう横道との分岐点付近に存在するのがボンネビ ...

参考カーカム・ホットスプリングス - アイダホ州の温泉

カーカム温泉は数あるアイダホの野湯の中でも、ランドマーク的存在。 ここでは、過度な人気の集中による環境破壊が問題視されています。 山の湯 ボイシ以北の山中に星の数ほど点在する野湯のうち、もっとも有名な ...

Ten Mile Creek Road 02

州道21号線からTen Mile Creek Roadに入り、サウス・フォーク・ペイエット川の支流に沿って南下。

Trail 01

ダート道がぷつんと途切れたところで車を停め、ここから約1kmのハイキングです。

Ten Mile Creek 02

いきなりの渡河。

テン・マイル・クリークは川幅が狭く、増水時でもなければ苦労せず歩いて渡れる印象でした。

Trail 02

プルースト効果をご存じですか?

特定のにおいが、それに結びつく記憶や感情を呼び起こす現象のことをいいます。

Lower Pool 02

私の場合、パイン(松)の香りが、北米の湯めぐりに全身全霊を注いだ日々の感情を呼び覚まします。

道中には無数の松ぼっくりが転がっていました。

Lower Pool 01

確認する限り、泉源は大きく分けて二つ。

下流側の泉源は渓流から少し離れた湿地にあり、川と並行して流出していました。

Ten Mile Creek 01

かつては岩風呂のようなものがあったようですが、泥で埋没して入浴するにはあまりにも浅くなっていました。

Water Temp 01

来た道を少し戻り、川に湯が注ぎ込む地点を確認。

泉温39℃のぬる湯でした。

上流側の泉源のワイルド感

Fire Pit 01

そこからわずかに上流に行ったところに、たき火台を発見。

Source 02

もう一つの泉源は、たき火台のある自然堤防の下にありました。

かぴばら
かぴばら
こっちの方が湧出量が多いね
期待できるわ
あるぱか
あるぱか
Source 01

泉温50°のアツアツ。

Water Temp 02

湯は無色透明・無味無臭ながら、赤茶色の温泉藻が温泉のありかを如実に示していました。

Upper Pool 03

そのままでは入浴できないほどの高温ですが、先人が上手い具合に川の水と混合するための岩風呂を設けていました。

Upper Pool 02

アブの襲来におびえながら、せかせかと流路を工夫してとても快適とはいえない湯だまり体を沈める。

これが野湯の醍醐味。

Upper Pool 01

まとめ

10 Mile Hot Springs, Boise National Forest, Idaho, U.S.

私の好み

種類:野湯

ルール:混浴

塩素消毒:なし

泉温:~50℃

  • Writer

Hot Springer Ken

A hot spring enthusiast based in Japan. Toured over 300 North American hot springs while working in Texas from 2016 to 2022. For updates, visit X or Instagram!

-アイダホ州
-, ,