ニューメキシコ州

ラ・パロマ・ホットスプリングス&スパ(トゥルース・オア・コンシクエンシーズ) - ニューメキシコ州の温泉

2022-05-21

浴槽の底から自然に湧き出る温泉を排出するのに、配管すら必要ありません。

壁にぽっかり空いた穴がその役目を果たしています。

歴史的な溝

トゥルース・オア・コンシクエンシーズの歴史地区を歩いていると、格子状の街路に斜めに交差している溝を発見。

それとわかる目印は何もありませんでしたが、この溝こそ、この町の名称がホットスプリングスだった時代の1916年に作られた、画期的な構造物なのです。

Ditch 01

リオ・グランデ川沿いの湿地帯に溝が設けられることで温泉の排水が容易になり、当地に数々の浴場が設けられるきっかけとなりました。

ロープにつかまって

Signboard 02

ラ・パロマ・ホットスプリングスはこの溝沿いにある温泉宿で、日帰り入浴も受け付けています。

Outside 01

その前身は、1935年に建設されたモーテル、マーシャル・ミラクル・プールズ。

Entrance 01

古びた建物はそのままですが、スピリチュアルな面を重視する人におすすめできそうな雰囲気にリノベーションされていました。

Courtyard 01

逆L字型のモーテル棟に面した中庭。

Bathhouse 01

北西端に位置しているバスハウスの中は、繊細な雰囲気がありました。

Foot Tub 01

ロビーには、興味深い足湯。

Foot Tub 02

30分または1時間単位で利用できる貸切風呂では、水着着用は任意です。

大小さまざまな貸切風呂は地面に埋まっていて、砂利敷きの底から源泉が湧き出る足元湧出式。

Water Temp 01

窓が少なく、ともすれば圧迫感のある感じになりがちですが、壁に描かれた紋様が良いアクセントになっていました。

Indoor Bath 01

泉温は自然のままなので、貸切風呂によって36~41℃とかなりばらつきがあります。

実は、ラ・パロマについては入浴中の溺死に関する訴訟が起きています。

かぴばら
あえて言うよ
大丈夫?
あるぱか
Indoor Bath 02

5年間に4人の死亡が確認されているというので、なかなかのものです。

訴訟では、40℃以上の湯に浸かる装置は国や州の安全基準に違反していると主張されているようですが、施設側は天然温泉の温度を下げることはできないと反論しています。

Indoor Bath 04

不幸な事件ではありますが、私は施設側の意見に基本的に賛同します。

地面から自然の力だけで湧き出た源泉が、壁に空いた穴から建物の外に落下しているだけの、究極にミニマルな温泉なのです。

Indoor Bath 03

その歴史的な価値と純粋な入浴体験は、何ものにも代えがたいものです。

溺れそうになったら、天井から垂れ下がっているロープにつかまってください。

まとめ

La Paloma Hot Springs & Spa, トゥルース・オア・コンシクエンシーズ, ニューメキシコ州, アメリカ

私の好み

種類:日帰り、宿泊

ルール:貸切風呂、水着着用

塩素消毒:感知せず

泉温:~41℃

公式サイト

コメントはお気軽にどうぞ。すべてのコメントには返信しかねます。コメント欄は予告なく閉鎖することがあります。

-ニューメキシコ州
-, , ,