テキサス州

チナティ・ホットスプリングス - テキサス州の温泉

2022-04-24

ミニマル・アートの代表的作家、ドナルド・ジャッドが私有していた温泉。

ここでは、温泉を引湯したキャビンに泊まってください。

遠回り必須

チナティ温泉はテキサス州の西の端、メキシコとの国境付近の行きにくい場所にあります。

Signboard 01

最寄りの大きな町はマーファ。

ドナルド・ジャッドによって設立された現代美術の美術館、チナティ・ファウンデーションがあることで有名です。

Signboard 02

温泉の公式サイトにも書いてある通り、ここではGoogleマップはまったく当てになりません。

マーファからの最短経路であるPinto Canyon Roadは、普通の車では走破できない悪路です。

Overview 01

プレシディオまでいったん南下してからメキシコ国境沿いを北西に戻り、砂漠の中のホットスプリングス・ロードを通って温泉を目指します。

Office 01

先住民に利用されていた温泉を含む土地が、白人入植者によって取得されたのが1898年。

Office 02

1937年にはキングストン温泉として商業化されました。

Stream 01

1990~97年の間は、戦後のアメリカ美術にもっとも変革をもたらたした芸術家の一人といわれる、ドナルド・ジャッドによって所有されていた過去があります。

Bathrooms 01

2005年に現オーナーになってからは、日帰り利用お断りの宿泊施設となりました。

Dining 02

施設にも周辺にも食事処はないので、食料を持ち込んでコミュニティーキッチンで自炊することになります。

Kitchen 01

幸い、ありとあらゆる調理器具と食器類がそろっていました。

Dining 01

建物のもう半分は、共用のダイニングルームになっていました。

温浴槽付きキャビンはこれだ!

Hot Water Well 01

七つあるキャビンは、どれもキングストン時代から少しも変わっていないように思える素朴な雰囲気。

そのうち、温泉付きの浴槽があるのはEl Corazón、Número Uno、El Patrón、El Presidenteの四つ。

El Presidente 01

ちなみにこちらはEl Presidenteの裏手、泉源の真横にあるバスハウス。

El Presidente 02

キャビンの客でなくても、自由に使っていいように見えました。

El Presidente専用の浴室はこれとは別にあって、同様のタイル張りの内風呂です。

El Corazón 01

こちらはEl Corazónに付属する内風呂。

小ぶりな鋳物ホーロー浴槽が一つ。

El Corazón 02

配管がつまっていたのか、源泉の投入量がかなり絞られていたのが残念でした。

Dos Amigos 01

こちらはNúmero Unoのキャビン内部。

あるぱか
いったい何泊したの?
忘れたよ
かぴばら
Número Uno 01

Número UnoとEl Patrónの温泉は、それぞれ屋外に設けられていて、よく似ています。

Número Uno 02

二人サイズの金属製のたらい。

Número Uno 04

そこに39℃の源泉を勢いよく投入。

シンプルな中に、ふわっと硫化水素臭が香るのが好印象でした。

Número Uno 03

砂漠の朝晩は冷え込むので、ぜいたくにかけ流しにすることで身体を温めることができました。

二つの屋外プール

敷地のもっとも高台にあるのが冷たいプール。

Swimming Pool 01

夏季限定なので、私が訪れたときはリノベーションでした。

Swimming Pool 02

円形の温泉プールは24時間利用可能。

Outdoor Pool 04

水面に浮かべられたプラスチック製の保温カバーを取り外して、近くのピクニックテーブルに立てかけました。

Outdoor Pool 01

泉温が低めなので、こういう工夫がうれしい。

Outdoor Pool 03

このプールでは水着着用が必須。

Outdoor Pool 02

日帰り入浴お断りのため、落ち着いた環境で入浴できました。

まとめ

Chinati Hot Springs, プレシディオ, テキサス州, アメリカ

私の好み

種類:宿泊

ルール:温泉付き客室、水着着用

塩素消毒:感知せず

泉温:~39℃

公式サイト

コメントはお気軽にどうぞ。すべてのコメントには返信しかねます。コメント欄は予告なく閉鎖することがあります。

-テキサス州
-, , ,